フラワーエッセンス

フラワーエッセンスをご存じですか?


イギリスの医師・エドワードバッチ博士により、1930年代に確立された

心を癒すお花のレメディです。


簡単に説明すると、お花の波動水になるのかなと思います。


作り方は、お花を真水に浸けて、そのお水をアルコールで保存します。

お花の純粋なエネルギーをお水に転写するために、雲一つない晴天の午前に作成するなど、いろんな注意を払いながら作成されます。


このフラワーレメディは、なぜか感情を癒すのに効果を発揮するのです。

性格を変えたい方にも、これまでの天晶のお客様方にも絶大な効果を上げてきました。


イギリスの薬局では普通に販売されていますし、パニックの際に気持ちを落ち着けるために使用されることもあります。


成分がお水のみとなるため、赤ちゃんからお年寄りまで服用でき、医療との併用もできるので安心です。


フラワーエッセンスの使用方法は?


フラワーエッセンスのレメディは、ニールズヤードなどのアロマオイルの販売店やインターネットなどでも気軽に入手できます。


いろんなフラワーエッセンスが流通していますが、バッチ博士の方法で作成されたものは、バッチフラワーというタイトルで販売されています。


10mlくらいの小瓶に入っているので、それをコップ1杯のお水に数滴入れてゆっくりと飲みます。量よりも回数多めのほうが良いので、朝昼晩などに飲用すると良いと思います。


成分はお花を浸けたお水なので、お水の成分と保存液としてのブランデーとなります。

コップ1杯の水に数滴入れるのでほとんど味はしません。


フラワーエッセンスの効能


植物は固有のエネルギーを持っています。


例えばとてもせっかちなエネルギーを持つ植物のレメディを服用することで、せっかちな性質を緩和することができると言われています。


バッチ博士は、病が感情からもたらされることを発見し、それを根本から癒すためにレメディを開発しました。


開発したレメディは、年代順に3つのグループに分けられます。


3つのグループ:

  1. 12ヒーラーズ・・・生まれ持った本質を健全にする

  2. 7ヘルパーズ・・・長期的な影響を緩和する

  3. セカンド19・・・短期的な影響を緩和する


フラワーエッセンスは、穏やかなに作用します。

まるで玉ねぎの皮を外側から徐々にむいていくかのようにゆっくり核心に近づき癒していきます。


テーマに沿ったレメディを2週間ほど、朝昼晩と数滴ずつ服用します。


最初は短期的な影響を緩和します。例えば、今朝ドアに指を挟んでショックを受けたなどという時は、トラウマを癒す「スターオブベツレヘム」などを服用し、ショックのエネルギーを和らげます。

その他、数か月間のストレスなども短期的な影響に入れることができます。



次に長期的な影響を癒していきます。

数年に及ぶ環境から影響を受けている場合は、そのマイナス面を癒すことができます。

パワハラなどで自信を失うような状況が続いている時は、自信を回復するレメディが有効かもしれません。


そして、最後に自分の本質ともいえるコアな性質を癒すレメディを試します。

一生を通じて出やすい性質を癒すことにより、その性質のマイナス面を緩和し、プラス面を表現できるようにします。



お花の波動は、様々な人のタイプ別の波動に共鳴します。そして緩やかで強力な癒しをもたらします。



フラワーエッセンスの選び方


フラワーエッセンスのカウンセラーの診断を受けることができますが、

一人で選ぶことも可能です。


一番簡単なのは、フラワーエッセンスに使用されている花の写真から選ぶ方法です。

私達の無意識や直観を信頼して選んだ花写真は、驚くほど的確なフラワーエッセンスを選ばせてくれます。


あとは、ダウジングも有効です。ペンジュラムをフラワーエッセンスの上に持っていき、イエスの方向に回れば、そのフラワーエッセンスは合っているということになります。


そして、フラワーエッセンスの効能から選ぶのも有効です。


天晶的には、お花の写真から選んでいただくのが最も効果的な気がしています。

というのは、自分では無自覚な効能を必要とすることがあり、直感を使った写真からの選択は、無自覚な部分に気づかせてくれることが多いのです。


さて、フラワーエッセンスに興味を持っていただけましたでしょうか?



更に効果を上げるために


フラワーエッセンスの効果を上げるためにおススメしているのは、振り返りの時間を持つことです。これはできれば専門家にお願いするのがおすすめですが、自分でもやろうと思えばできます。


振り返りというのは、フラワーエッセンスを服用した日から2週間の出来事をどんなに些細なことでも、振り返ってみることです。


天晶もお客様にさせていただいていましたが、2週間にあった出来事をたどってみると、明らかに変化が起こっていることに気づかされます。

それらは穏やかな変化なので、ご本人は気づかないことが多いです。


例えば、家族が優しくなったとか、いつもと違う出来事が起こったとか、自分の考え方が変わったなど。


心も現実も変化してきたことを実感される方も多いです。

2週間続けてみることで、お花の波動が自分のオーラ(波動)に働きかけ、最後に感情に作用を及ぼします。

そしてなぜか、周囲の人や環境まで変化する場合があります。


常に服用する必要はなく、問題意識がある時に服用してみるのがおすすめです。


フラワーエッセンスは、緊急な心のダメージに効果を発揮する緊急用のレメディもあります。パニック症の方はバッグにしのばせておくことで安心できると思います。



各フラワーエッセンスの効能については、後日、加筆させていただきますね。